素材使い

2012-05-11

素材使い

先月より、会社の色々な事やスタッフの個々の事などリアルタイムで、お伝えできるようにブログの更新をマメにする事を目標にしてます!

日々の事が多くなってしまうので、たまには?!リフォームのお話も・・・

今回は素材使いについて。 照明6.JPG

こちらのお家の床材は、無垢のフローリングに見えますが、実はビニール系の0.3ミリ程の床材です。

よく、店舗の床に使用されているモノですが、土足O.K.なくらい丈夫で、メンテナンスも楽ちんです。

最近のプリントの技術がすごくて、触ってみないと本物かどうか分かりません。

無垢の良さも勿論あるんですが(私も無垢は大好きです)、お手入れの事やコスト面や、床の高さの事などを考えた場合には、雰囲気作りには抜群の素材です。

ポイントは、木部(入口のドアやカウンターの天板、カウンターの収納扉)にプリントのモノを使用せず本物の無垢材を使用して、塗装の色目をフローリングに合わせてあげる所です。

そうする事によって、全体に木の印象が強くなり、優しいイメージが表現出来ます。